FAQ設計データについて

見積りのファイルですが、DXF以外は可能でしょうか?

現在CFRP板(図面データ入稿)ではDXFファイル、CFRPパイプ(図面データ入稿)ではSTEPでの入稿をお願いしております。

それ以外のデータ形式は推奨しておりませんが、対応可能な場合もありますので一度フォームよりご相談ください。

皿加工、フライス加工部は、DXFファイルにする際どのようにデータに反映させればよろしいのでしょうか?

皿加工やフライス加工部に関しては、尺度1:1の実線のみのDXFとは別に、補足として角度や寸法を確認できるような情報をpdfでお送りください。※形状によっては加工不可能な場合もあります。

お見積りの際は、以下の2種類のファイルをご準備ください。
※それぞれ参考データをご用意しております。データ作成の際にご参照ください。

(1)加工データとして用いるDXFファイル
通常の貫通穴のみの注文と同様に、尺度1:1で板の上面図のみとすること
参考:加工図面サンプル(dxf)

(2)穴の深さ等が示されれているPDFファイル
ポケット部の深さ、座ぐりの深さ、皿穴の角度や深さなど、上面図のDXFファイルだけでは不足する情報を補ってください。寸法は全ての箇所を記入する必要はなく、情報を補う部分のみ記載があれば大丈夫です。
参考:加工情報サンプル(pdf)

データ作成後、CFRP注文・お見積りフォームからご依頼の際は、2種類のファイルをZIP形式に圧縮して、ZIPファイル送信欄からお送りください。

設計データ作成ソフトはどのようなものがありますか?

設計データ作成ソフトはいろいろありますが、ここでは初心者向けに無償で利用できるもの(Fusion 360は条件あり)をご紹介します。

Fusion 360(フュージョン スリーシックスティー)
個人使用(非商用)であれば無償で利用できる3D-CADです(ただし期間は限定されます)。3次元図面の作成はもちろん、2次元図面を作成してDXF形式のデータを出力することもできます。

Inkscape(インクスケープ)
ベクター画像を編集できるオープンソースソフトウェアです。無償利用できます。このソフトで板材の外形や穴を描いて図面を作成し、DXF形式のデータを出力することができます。

Fusion 360を使った設計データの基本的な作成方法を記事にしています。
FUSION360 で図面作成(スケッチ・押し出し編)
FUSION360で図面作成(切り取り編)
FUSION360 でDXFデータをエクスポートする方法