部品データ入稿マニュアル(CFRP角パイプ加工)

CFRP角パイプ(データ入稿)フォームでは、角パイプ規格品への穴あけ(貫通穴・長穴)のご依頼を受け付けております。

加工データは以下の規定をご確認の上、作成・入稿をお願い致します。

記事の目次クリックすると詳細に飛びます

1. 部品サイズ

穴あけする角パイプは、下記の規格品サイズの中からご選択いただきます。正方形タイプと長方形タイプがあります。

CFRPパイプ
T1.0mmT1.5mmT2.0mmT2.5mmT3.0mm
  • 10 × 10
  • 15 × 15
  • 18 × 18
  • 20 × 14
  • 20 × 20
  • 25 × 25
  • 30 × 10
  • 30 × 30
  • 40 × 40
  • 42 × 15
  • 50 × 42
  • 25 × 25
  • 26 × 26
  • 30 × 30
  • 35 × 35
  • 40 × 15
  • 72 × 50
  • 30 × 15
  • 30 × 20
  • 32 × 12
  • 46 × 26
  • 52 × 44
  • 74 × 52
  • 125 × 25
  • 35 × 15
  • 40 × 40
  • 50 × 50
  • 65 × 65
  • 80 × 80
部品単品の長さ L[mm]20~1,000mm

データ入稿フォームのプルダウンから穴あけをしたい規格品を選んでいただき、その規格品に開けたい貫通穴・長穴の位置やサイズ情報を含んだSTEPファイルをお送り下さい。

ご希望の部品単品の長さが短い場合でも、パイプ1本分(1,000mm)の費用がかかります。

・規格外のサイズの角パイプを作りたい場合は、治具の製作が必要です。作りたい場合は、お問い合わせフォームからSTEPファイルを添付してご相談ください。尚、治具製作費だけで最低でも約10万円以上かかり高額になるため、量産をおすすめします。

2. 注文時の最低数量

CFRP角パイプには、注文時の最低発注数量を設けておりません。

ただし、1,000mmパイプからカット可能な最大数量までは同価格で提供させていただきますので、できるだけ1,000mmを使い切る形で購入した方がお得です。

カット可能な最大数量については、次の項目でご説明します。

3. 最大カット数量について

     

1,000mmパイプ1本からカット可能な最大数量は、単純に1,000mmをご希望の長さで割った数ではなく、カットする際に必要な余分(約3mm)も考慮して算出されます。

計算方法1000÷(部品単品の長さ+3mm)=切削可能な本数

例えば、ご希望の長さが100mmの場合、1,000mmパイプからカットできる最大数量は下図の通り9本になります。

異なる部品単品サイズを切り出すことも可能です。

L100mmを5本、L230mmを2本100mm=5本(100+3)×5=515mm、230mm=2本(230+3)×2=466mm

4. CFRPの種類

CFRPパイプは注文の際に「プリプレグ」「表面織組織」「表面仕上げ」の仕様を選択することができます。

プリプレグ「標準」のみ
表面織組織「綾織」「平織」
表面仕上げ「マット加工」「ツヤ加工」

4-1. プリプレグ

CFRP角パイプのプリプレグは「標準」のみを選ぶことができます。「標準」は表層がクロス(3K)、内層がUDとなります。

CFRP選択可能なプリプレグ

4-2. 表面織組織

CFRP角パイプの表面織組織は「綾織」「平織」から選ぶことができます。デフォルトは綾織となります。

CFRP選択可能な表面織組織

4-3. 表面仕上げ

CFRP角パイプの表面仕上げは「マット加工」「ツヤ加工」から選ぶことができます。デフォルトはマット加工となり、ツヤ加工の方が価格は上がります。

※画像は丸パイプですが角パイプも同様にマット加工とツヤ加工が選択可能です。

CFRP選択可能な表面仕上げ

5. 入稿データ

図面データの入稿による加工依頼の場合、入稿するファイルは以下の規定を満たす必要があります。

ファイル形式STP(STEP)(※1)
ファイル名半角英数字のみ
対応可能な加工種類規格品への貫通穴・長穴のみ
ファイル内容1ファイルにつき1部品
尺度1:1に限る(※2)

(※1) IGS(IGES), DXF, DWGなど、STEP以外の形式は原則受け付けておりません。

(※2) 部品の加工は提出されたデータで示される形状・寸法に基づいて行われます。尺度は1:1以外を指定することはできません。

(※3)規格外のサイズの角パイプを作りたい場合は、治具の製作が必要です。作りたい場合は、お問い合わせフォームからSTEPファイルを添付してご相談ください。尚、治具製作費だけで最低でも約10万円以上かかり高額になるため、量産をおすすめします。

6. 最小穴径・長穴最小幅について

CFRPはエンドミルによる切削加工を行うため、穴径・長穴幅は使用可能なエンドミルの径に依存します。

角パイプ基準厚み最小穴径長穴最小幅
1.0mmの場合φ1.5mm2.0mm
1.0mm以上の場合φ2.0mm2.0mm

7. 加工に関する諸情報

加工方法CNC切削 4軸加工(並進3軸+回転1軸)
内/外径の許容差±0.3mm
パイプ長さの許容差±1.0mm
パイプ厚みの許容差±0.2-0.3mm